しょうゆの種類 

| 未分類 |

しょうゆなんてどれも同じ、スーパーでいつもと同じ安いものを買うだけ……なんてもったいない! 一口にしょうゆといっても実はそこにはさまざまな種類が存在しているもの。

 

料理や好みに合わせて使い分ければ、より充実した食卓を作ることができちゃうんですよ。しょうゆの基本的な種類は主に五つ。

 

こいくち、うすくち、たまり、さいしこみ、しろです。こいくちとうすくちは、もっともよく知られたしょうゆの種類で、一般的な家庭料理によく使用されています。特にこいくちしょうゆは、全体の八割を占めるシェアとなっており、香り、味、色のバランスが良いと評判です。

 

うすくちしょうゆは塩分濃度が高く、香りも控えめなのが特徴。食卓しょうゆには不向きですが、野菜の色を生かしたい煮物やうどんのつゆに使用するといいでしょう。たまりはほぼ大豆のみで作られる種類で、とろりと濃厚、せんべいなどに使用されます。さいしこみしょうゆは二度の醸造を経る、再仕込みという製法がめずらしい一種です。刺身に用いる、高級なしょうゆとして知られています。

 

たまり以上に濃厚な口当たりです。しろは反対に、小麦を主原料に作られるしょうゆとなっています。糖度が高いので、隠し味として使用されることが多いようです。