しょうゆの産地 

| 未分類 |

毎日の食卓に欠かすことの出来ない調味料といえば、やっぱりしょうゆですよね。

 

炒め物に煮物に、焼き魚に納豆にと、和食の味付けと言えばしょうゆを思い浮かべる人が圧倒的だと思います。

 

そんなしょうゆは現在、日本全国1500社のしょうゆメーカーによって作られているといいます。産地もそれぞれ異なり、スーパーなどでは実にさまざまな産地のしょうゆが売られているのを見ることができます。

 

しょうゆの産地としてもっともよく知られているのは、千葉県です。

 

千葉県は、良質な国産大豆と塩が手に入りやすい土地で、野田市、銚子市が主にしょうゆの名産地として知られています。大手しょうゆメーカーであるヒゲタ醤油株式会社、ヤマサ醤油株式会社はどちらも、銚子市に本拠地をおく会社です。

 

また野田市には、キッコーマン株式会社があります。

 

ほかにしょうゆの産地としては、香川県の小豆島も有名です。マルキン忠勇株式会社がある小豆島では、しょうゆの原料となる大豆や小麦を船で入手するルートが古くから確立していたこと、また赤穂や四国地方の塩がカンタンに手に入れられたことなどから、しょうゆ作りが盛んになっていったようです。